ここから本文です

広島は「上がってくる」 山崎武司氏が分析、大苦戦の要因&浮上の鍵は「投手に尽きる」

4/16(火) 15:13配信

Full-Count

サプライズとなった広島の出遅れ「ピッチャーがてんてこ舞いになっている」

 開幕してから約3週間が経過したプロ野球。セ・リーグではヤクルトとDeNA、巨人が首位を争う。その一方で昨季まで3連覇中の広島が5カード連続でカード負け越しとなり、大きく出遅れる波乱が起きている。パ・リーグは昨季2年連続日本一に輝いたソフトバンクが怪我人を多く抱えながらも首位に立ち、楽天、日本ハム、西武が追う展開となっている。

【画像】ファン「可愛い」も…野間「チンピラ」 広島・鈴木が幼少期写真を公開

 各球団が14試合ないし15試合を消化した4月の半ば。それぞれの球団の戦いぶりを識者はどう分析しているのか。中日、オリックス、楽天で27年間に渡ってプレーし、史上3人目となる両リーグでの本塁打王にも輝いた野球解説者の山崎武司氏が「Full-Count」のインタビューに応じ、ここまでの戦いへの見解を語った。

 今季のプロ野球で、この3週間での最大のサプライズといえば、やはり広島の出遅れだろう。開幕から5カード連続で負け越し、現在、4勝11敗の借金7。チーム打率.212はリーグ最下位、チーム防御率4.09はリーグ5位と、3連覇中の常勝チームとは思えないほどの不振に喘いでいる。

 広島が苦戦を強いられている要因はどこにあるのか。かつて在籍した中日、楽天を中心に解説、評論を行い、セパ両リーグをチェックしている山崎氏は「ピッチャーがてんてこ舞いになっている。理由は簡単。ピッチャーが全く機能していない。そこに尽きる」と、投手陣が原因にあると指摘する。

 エースの大瀬良や床田、野村は奮闘しているが、頼みのジョンソンが防御率9.00と結果を残せず、開幕ローテに入った岡田は2試合連続で炎上し、防御率10.80で2軍降格となった。守護神の中崎はすでに2敗を喫し、フランスアも防御率7.20と不振だ。

 丸佳浩が巨人にFAで流出したものの、山崎氏は「丸がいなくなったから、というのは思わない。やっぱりピッチャーが悪い。ジョンソンも良くないし、岡田もダメ」とする。これまでも、打線に比べ、投手力の弱さは指摘されてきた。それでも、年替りで若手が台頭したり、と、課題を何とか潰してきており、山崎氏は「今年まだそれが出てきていない」という。

1/2ページ

最終更新:4/16(火) 15:13
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/19(月) 14:40

あなたにおすすめの記事