ここから本文です

ヤクルト首位キープ 初回から5得点 村上3ラン 原樹理がチーム初完投で2勝目

4/16(火) 21:28配信

Full-Count

9-3で最終回も中谷に2ラン被弾で失点 最後はマウンドで笑顔消える

■ヤクルト 9-5 阪神(16日・松山)

 ヤクルトは15日、阪神(松山)と戦い、12安打9得点で快勝した。先発・原が11安打をされたが、9回5失点。チーム初の完投勝利、2勝目をマークした。

【写真】つば九郎の25周年記念イベントが開催! ドアラと一緒にリリーフカーにも乗車

 初回、原は2点を失ったが、その裏、1番・太田、2番・青木の連続ヒットから、3番・山田が四球。満塁から4番のバレンティンが押し出し四球で1点。続く、雄平の遊ゴロの間にもう1点奪い、すぐに同点に追いついた。すると、2死一、三塁から村上が阪神先発のガルシアから右翼席に豪快な3ランを放ち、初回から一挙5得点で逆転に成功した。4回にもバレンティンの本塁打で突き放した。

 9-3と6点リードの9回。原は最終回のマウンドに上がったが、中谷に2ランを浴び、4点差に迫られた。しかし小川監督は続投。これまで好調を支えてきた中継ぎ陣を休ませることができたが、反省の残る完投勝利となった。

Full-Count編集部

最終更新:4/16(火) 21:28
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事