ここから本文です

小学5年女児いじめ自殺 「対応不十分だった」兵庫・多可町の教育委が謝罪

4/16(火) 1:03配信

関西テレビ

関西テレビ

兵庫県多可町でおととし、当時小学5年の女子児童が自殺した問題で、いじめへの対応が十分でなかったとして教育委員会が謝罪しました。

多可町ではおととし、当時小学5年の女子児童が自殺し、いじめとの関係を再調査していた第三者委員会が、女子児童に他のグループと関わらせない「囲い込み」などのいじめが自殺の原因だったと認めました。

また、報告書では、学校側が実施したアンケートでいじめを把握していながら、適切な対応を取らなかったことを指摘しています。報告書を受けて、教育委員会などは、いじめへの適切な対応ができなかったと認め謝罪しました。

【多可町教育委員会・学校教育課 藤本志織課長】
「大丈夫か?と聞くこともできなかった。本当に申し訳なく思っている」

教育委員会は今後、アンケートの取り扱いなどを見直したいとしています。

関西テレビ

最終更新:4/16(火) 1:03
関西テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事