ここから本文です

真矢ミキ21年ぶり男装披露「形状記憶されている」

4/16(火) 5:00配信

日刊スポーツ

元宝塚歌劇団花組男役トップスターの女優真矢ミキ(55)が、いろんな殺し屋を描くサスペンス映画「Diner ダイナー」(蜷川実花監督、7月5日公開)で、98年の劇団退団以来21年ぶりに男装を披露していることが15日、分かった。

【写真】男装を披露する真矢ミキ

男装の美人の殺し屋を演じている真矢は、日刊スポーツの取材に、男役と男装は違うとしながらも「立ち姿とかは(宝塚時代から)形状記憶されています」と笑った。また「いまだに男性でいることは楽です」とも。劇中、銃撃戦など激しいアクションシーンが多いという。「とにかく立ちまわりがすごい。男装をもう1度というより新たな進化系の男装」と力を込めた。スタントマンを使わずに演じたとし「本気のやつです。男性も女性も関係ない世界観。宝塚は女性が相手で手加減しますが、今回はなし」と語った。

最終更新:4/16(火) 5:26
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事