ここから本文です

つぐみと樹が再会「パーフェクト-」初回見どころ

4/16(火) 0:00配信

日刊スポーツ

俳優松坂桃李(30)主演のフジテレビ系連続ドラマ「パーフェクトワールド」(火曜午後9時、初回は20分拡大)の初回が、16日に放送される。

建築士の鮎川樹(松坂)は、大学生の時に事故に遭って脊髄を損傷して、下半身が不随になる。「恋愛も、好きだったバスケットボールも、もうしない」と、心に固く決めていた。そんなある日、高校時代の同級生・川奈つぐみ(山本美月)と再会。閉ざされていた樹の心が、少しずつ開かれていく。原作は、女性コミック誌「Kiss」(講談社)に連載中の有賀リエ氏作の同名コミック。累計部数は170万部を超えている。

河西秀幸プロデューサーは、原作を「ハンディキャップを持った人がどれだけ大変な思いをしているか。そこまで踏み込んで描かれていることが衝撃で、知らないことだらけ。ぜひドラマ化したいと熱烈にオファーをさせていただきました。ラブストーリーを軸にしながら障がいも非常にリアルに描きたいと思っています。このドラマ、いろんなことを問い掛けます。そういう意味で新時代のラブストーリーといえるんじゃないかなと思っております」。主演の松坂は、純粋なラブストーリーは連ドラでは初めて。「この辺(胸)が、ずっともぞもぞしてます。台本を読んでいても、わっ!きゃっ!わー!みたいな(笑い)。恥ずかしい気持ちがちょっとあります」。自身の恋愛経験については初恋について「中学2年生の時に、自分から告白してOKをもらって付き合っていた女の子がいたんですが、あるとき中学校の頭を張っているヤンキーに急に『俺の女に手を出しているらしいな』と言われて…。どうやら彼女はちゃんとお別れをしてなかった、と。8人くらいに囲まれて、え~これは勝てないよ~ってなりました」と苦い思い出を明かしている。

第1話では、学生時代、イラストレーターを夢見ていた川奈つぐみ(山本)は父の元久(松重豊)と「卒業したら長野に帰る」という約束を交わし、東京の大学へ進学したが、卒業後も帰らなかった。現在は大学生の妹・しおり(岡崎紗絵)と暮らしながら、インテリアデザイン会社で事務員として働いている。

ある日、上司の東美千代(とよた真帆)から、設計事務所との打ち合わせの席に使いを頼まれたつぐみ。するとそこには、高校時代の同級生で、つぐみの初恋の相手・鮎川樹(松坂桃李)の姿が。樹は設計事務所の社長・渡辺剛(木村祐一)の元で、学生時代からの夢だった建築士として働いていたのだ。偶然の再会に胸が高鳴るつぐみは、バスケ部のキャプテンとして活躍していた高校時代の樹の話を一同に聞かせる。さらに、「もうバスケはやってないの?」と何げなく尋ねるが、次の瞬間、樹が車椅子に乗る姿を見て絶句。樹は大学時代に事故で脊髄を損傷して、歩けなくなっていた。

翌日、無神経な発言で樹を傷つけてしまったと悔やみ、職場まで謝りにきたつぐみを、樹は坂の上の公園に連れ出す。そこで仕事に情熱を燃やす樹の言葉を聞いたつぐみは、不自由な体以外は、かつての樹のままだと気づく。そして、つぐみが一人で行く予定だった美術展に、樹もいっしょに行くことになる。

約束の日、つぐみが出かけた後のマンションの部屋に、つぐみと樹の同級生で、アプリ制作会社の社長・是枝洋貴(瀬戸康史)が訪ねてくる。高校時代からひそかにつぐみに思いを寄せている洋貴は、しおりから、つぐみが樹と出かけたと聞いてショックを受ける。しかしその頃、つぐみはデートのような状況を楽しむどころか、車椅子で外出することの大変さを思い知らされていた。さらに、事故がきっかけで高校時代からの恋人・雪村美姫(水沢エレナ)と別れ、この先はもう誰とも恋愛する気はないという樹の言葉に戸惑ってしまう。

一方、樹の元には美姫から結婚式の招待状が届いていた。留守電には、結婚式の前にもう1度だけ会いたいというメッセージも。その直後、仕事先で会ったつぐみに「同窓会、行く?」と聞かれる。

最終更新:4/17(水) 23:47
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事