ここから本文です

王者大阪ガスは黒星発進 温水初回3失点、覆せず

4/16(火) 14:44配信

日刊スポーツ

<JABA岡山大会:三菱重工広島3-2大阪ガス>◇予選リーグ第1試合◇16日◇マスカットスタジアム

昨年優勝チームの大阪ガスが初戦黒星スタートとなった。

初回、前回の同大会でMVPに輝いた先発の温水賀一投手(25)が2死一、二塁から連続適時打を許し3失点。打線は6回に、無死満塁から犠飛と6番花本太紀内野手(25)の適時打で2点を返すのみにとどまった。

試合後、橋口博一監督(51)は「うまいこと初回に点を取られた。そのまま行ってしまいましたね。リーグ戦なので負けてもチャンスはある」と話した。

今秋ドラフト候補の小深田大翔内野手(23)は3番二塁で先発出場し、4打数3安打3盗塁の活躍で全打席出塁。8回は2死一塁から盗塁を試みたが、相手捕手の好送球で盗塁死。「ラッキーなヒットもあった。走塁面はもっとしっかりやらないと」と小深田に納得の表情はなかった。

最終更新:4/17(水) 10:25
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事