ここから本文です

ダルビッシュ、登板前日は「ずっとゲーム」一問一答

4/16(火) 17:30配信

日刊スポーツ

<マーリンズ2-7カブス>◇15日(日本時間16日)◇マーリンズパーク

カブスのダルビッシュ有投手(32)が、昨年5月20日以来、330日ぶりに勝ち星をつかんだ。

試合後の一問一答は以下の通り。

-投球を振り返って

ダルビッシュ 制球は前回の方が良かったですけど、球速、力に関しては前回より僕の中では良かった。

-5回2死二、三塁からスライダーで三振を取って、気迫を見せた

ダルビッシュ あそこは自分に対してイライラしている部分もあった。ツーアウトからその後、2、3塁までいって、アウトを取れて良かったっていうのもあるけど、イライラしていたというのもあった。

-今日のピッチングに手応えは感じたか

ダルビッシュ ツーシームがあったから。キャンプの時もほぼ1球もブルペンで投げていない、むしろ本当にゼロで来ているから、それを試合でぶっつけで。僕にとっては、投げても大丈夫な球なので。それがやっぱり、効果的だったと思います。カットボールも今は縦に落ちているから、左打者がすごく空振りしてくれて、すごく楽です。

-登板間の調整で、助走をつけてキャッチボールなどしていた。今日のブルペンでも躍動感があった

ダルビッシュ 自分の中では、ダメだなと思っていました。自分の感覚で力が伝わっている感じはしないと思っていたけど、それはこの前の(登板の時と同じ)フォームで投げていたからというのもある。

-ツーシームを使っていなかった。なぜ今日使った

ダルビッシュ 単純にフォーシームがストライク入る気がしないから。ツーシームだったら、自分の感覚では真ん中に投げている。それをやっていれば、勝手に内角にいくというのがある。あんまり今年はツーシーム投げたくないと思っていたから、あえて、フォーシーム、カーブ、カットとかそういう感じでいこうと思っていた。

-去年は結構、投げていた

ダルビッシュ 投げてました。ツーシームに依存するとダメ。だから、たまに投げる程度。

-昨年5月20日以来の勝利。「やったー」とか、そういう感情にはなったか

ダルビッシュ 「やったー」とは思わんけど、まだ勝てる力はあったんだなという安心? ピッチャーも野手もそうだけど、打てなくなるんじゃないかとか、勝てないんじゃないかとか思うんですけど、1回勝つと安心はしますよね。

-手応えや自信よりは、ほっとした部分が大きい

ダルビッシュ ほっとした部分ですね。今日は本当に、帰ってゆっくりして、明日の練習までしっかりゆっくりして、切り替えてまた練習したい。

-昨日、登板前日はどんな調整をしたのか

ダルビッシュ 何もしてないですよ。ずっとゲームしてた(笑い)。昨日は寒かったし、雪も降っていたから、キャッチボールもできないし、ブルペンで傾斜を使ってキャッチボールして…みたいな感じ。ゲームをやっていると、そっちに集中して、そっちにもイライラもするから、野球のこと考えなくていいからと思って。ほんと、自分には必要だと思います。考えすぎない。野球のことばっかり考えるとよくないから。調子がいいときは、考えないんですよ。調子が出ていないときとか、勝てていないときは、気持ちが(違う方に)いくものをつくった方がいいかなと。

最終更新:4/17(水) 10:19
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ