ここから本文です

オリックス吉田正尚2戦連発 体勢崩すも技でカバー

4/16(火) 18:43配信

日刊スポーツ

<オリックス9-0日本ハム>◇16日◇京セラドーム大阪

オリックス吉田正尚外野手が2戦連発、今季本拠地初となる先制4号2ランを放った。

【写真】吉田正は先制2点本塁打を放ちナインに迎えられる

初回、1死から西浦が右前打で出塁した直後の打席、カウント1-2からの5球目、上原の真ん中低めのスライダーを体勢を崩しながらとらえ、弾丸ライナーで右翼スタンドにかっ飛ばした。「タイミングは外されていましたが、うまくヘッドに乗せてひろう事が出来ました。まずは先制点を取る事が出来て良かったです」。14日西武戦では1試合2本を放っており、主砲が量産態勢に入った。

3回には1死一、二塁のチャンスで再び上原の初球、真ん中低めの変化球をたたき、右中間フェンスを直撃する適時二塁打でリードを広げた。

最終更新:4/17(水) 17:51
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい