ここから本文です

西武ニール粘り「ゴロを打たせる投球」で5回3失点

4/16(火) 21:02配信

日刊スポーツ

<楽天5-4西武>◇16日◇楽天生命パーク

先発した西武ザック・ニール投手が、苦しみながらも粘りの投球を見せた。3回、先頭茂木に同点ソロを浴び、さらに暴投でピンチを広げ、ウィーラーに勝ち越し適時打を許した。

【写真】浅村に同点の左前適時打を許すニール

味方打線が勝ち越した直後の5回には浅村に同点タイムリーを打たれ、なおも1死一、三塁のピンチで、打席はウィーラー。変化球中心の配球で、2-2から低めのツーシームで遊ゴロ併殺打に打ち取った。

5回7安打3失点でマウンドを降り「調子はよくなかったが、何とかゲームをつくるように踏ん張って投げようと思った。自分のピッチングスタイルであるゴロを打たせる投球ができなかった」と振り返った。

最終更新:4/17(水) 17:37
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/26(金) 13:25

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい