ここから本文です

最短KO上茶谷は「コントロール良すぎ」監督かばう

4/16(火) 22:00配信

日刊スポーツ

<中日7-1DeNA>◇16日◇ナゴヤドーム

DeNAドラフト1位の上茶谷大河投手が、三度目の正直を果たせなかった。プロ最多の5失点を喫し、自己最短の4回で降板。

【写真】中日戦に先発した上茶谷大河

初勝利は4度目の登板以降に持ち越しとなった。「制球が安定せず、修正することができなかった」と反省点を口にしたが、ラミレス監督は「ボールからストライクに入れるところが、ストライクからストライクだった。逆にコントロールが良すぎた」とフォローした。

最終更新:4/17(水) 10:00
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事