ここから本文です

東洋大・村上2年ぶり完封 甲斐野ら先輩言葉に発奮

4/16(火) 22:59配信

日刊スポーツ

<東都大学野球:東洋大3-0国学院大>◇第2週第1日◇16日◇神宮

先輩たちの背中に迫る好投だ。東洋大・村上頌樹投手(3年=智弁学園)が2安打無失点、11奪三振の好投で、自身2年ぶりとなる完封勝利を挙げた。

「今日は直球がよかったです。コースに、しっかり投げられ、ファウルもカウントも取れました」と胸を張った。最速147キロの直球を勝負球にも使い、打者に空を切らせた。新球フォークも効果的。6回まで、お互い無得点の投手戦だったが、援護がなくても危なげない投球だった。

上茶谷、梅津、甲斐野と4年生の150キロトリオがそろった昨秋は、わずか3試合4イニングの登板にとどまった。「出番がなくて悔しかったです。やってやるぞ、という気持ちが結果につながったと思います」と打ち明けた。いずれもドラフト上位指名でプロ入りした先輩たちからは「来年はお前しかいない」と次代を託された。励まされながらも「気負いはありません。投手陣で力を合わせて、やるしかない」。背伸びすることなく今季に臨んでいるが、十二分に期待に応えた。

村上が考える理想のエース像は「どんな状況でも勝つこと」。試合前のブルペンでは、制球がいまひとつだったという。それでも、マウンドに上がると、きっちり修正。3四球にとどめた。そんな右腕の姿に、杉本泰彦監督(59)は「投手が課題と言っていたが、意地を見せてくれました」と目を細めた。ともに開幕カードを2連勝でものにした国学院大との対戦。中身の詰まった戦いで、東洋大が先勝した。【古川真弥】

最終更新:4/17(水) 9:55
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事