ここから本文です

英EU離脱に誰もが「疲れ切っている」、協議は続く-トゥスク氏

4/16(火) 19:46配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 欧州連合(EU)のトゥスク大統領は域内および英国の政治家に対し、英国のEU離脱を巡る行き詰まり打開に向けた努力を放棄しないよう求めた。英国の離脱が長引いてることに誰もが疲労感を隠せない。

仏ストラスブールでの欧州議会でトゥスク氏は「ドーバー海峡の両側で私自身を含む全員が英国のEU離脱に疲れ切っている」と述べた上で、「しかしそれは『もう終わりにしよう』と言う理由にはならない」と話した。

トゥスク氏は英国は依然として合意なくEUを離脱する可能性だけでなく、離脱手続きを中止して残留する可能性もあると述べた。

また欧州委員会のユンケル委員長は「英国はどのような道をたどるのか、という問いには英国が答えなくてはならない。その答えは早いほど望ましい」と述べた。その上で委員長は新たな離脱期限である10月にEU首脳が再び集まった際、英国で離脱合意がまだ承認されてない場合は再度の延長にもオープンな姿勢を取る可能性を示唆した。

ユンケル氏は「われわれは加盟国を追い出すようなことは決してない」と言明した。

原題:Everyone ‘Exhausted’ by Brexit as Talks Drag On, EU’s Tusk Says(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Ian Wishart, Jonathan Stearns

最終更新:4/16(火) 19:46
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事