ここから本文です

「今のレベルはネイマールをしのぐ」…バルサ会長、“問題児”デンベレに賛辞

4/16(火) 15:42配信

ゲキサカ

 バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が、FWウスマン・デンベレはパリSGのFWネイマールよりも優れていると主張した。『カルチョ・メルカート』が伝えた。

 バルセロナは17年8月に史上最高額となる2億2000万ユーロでネイマールをパリSGに売却すると、その資金を元手に同月に1億500万ユーロでドルトムントからデンベレ、18年1月に1億6000万ユーロでリバプールからコウチーニョを獲得した。

 加入初年度のデンベレは負傷離脱もあり、チームにフィットするまで時間がかかってリーガでは17試合3得点にとどまった。今季は夜遅くまでTVゲームに没頭して練習に遅刻したり、クラブの規則を破ったりと問題児ぶりが報じられていたが、リーガ第32節終了時点で25試合8得点を記録するなど、ピッチ上での存在感を高めている。

 バルトメウ会長は『TVE』で「我々はネイマールを売却した資金でデンベレとコウチーニョを獲得することを計画していた」と語ると、「デンベレの今のレベルは、ネイマールをもしのぐ。彼はネイマールよりもずっといいし、チームにうまく順応しているよ」と成長を続ける21歳に賛辞を贈っている。

最終更新:4/16(火) 15:48
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事