ここから本文です

「柳屋×るろ剣」コラボ ロマネスク函館りんごパイ

4/17(水) 9:48配信

函館新聞電子版

 函館市の和・洋菓子店「はこだて柳屋」(若杉充宏社長)は、集英社の月刊漫画雑誌、ジャンプSQで連載中の人気漫画「るろうに剣心―明治剣客浪漫譚・北海道編」(和月伸宏)とのコラボレーション商品「ロマネスク函館 林檎(りんご)パイ」を20日から販売する。

 同漫画では現在、明治初期の函館を舞台に物語が進行中。作中には「函館山」や「五稜郭」などの名所も登場する。同店の若杉隆之さん(30)を中心に、昨年12月ごろから集英社へのプレゼンテーションも通してコラボが実現した。

 同商品は、物語と同じ明治初期に、七飯町が日本で初めて西洋りんごの栽培に成功したことから、同町のワイナリー、はこだてわいんの「フルーツ北海道りんごワイン」をりんごあんに使用。表面には主人公、緋村剣心の頬にある“十字傷”も再現。

 同店は今後、函館の民間企業にも同漫画とのコラボを呼び掛け、地元の観光を活性化したい考え。若杉さんは「衣装貸店やオリジナルカクテルが人気のバーなどにも呼び掛けている。漫画の“聖地”として函館が観光客でにぎわってくれたら」と期待する。

 28日には、函館蔦屋書店(石川町85)1階キッチンスペースで、商品発表会と直売会を兼ねたプレイベントを開催。試食会もあり、同社のSNSと連動したプレゼント企画も計画している。時間は午前11時~午後5時。

 若杉さんは「自分が小学生のころに漫画とアニメが流行っていて、登場する必殺技を友人同士でまねたりしていた。昔から好きだった漫画と関わることができて感慨深い」と目を細める。同商品は6個入(税込み1080円)。問い合わせは同店(0138・42・0989)へ。

函館新聞電子版

最終更新:4/17(水) 9:48
函館新聞電子版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事