ここから本文です

ゾウのお引っ越し 山口・徳山動物園

4/17(水) 9:12配信

毎日新聞

 山口県周南市の徳山動物園で休園日の16日、スリランカゾウの雄のミリンダ(11歳)と雌のナマリー(12歳)が新しいゾウ舎に引っ越した。園内でのゾウの引っ越しは1960年の開園以来初。「何が起きるか分からない」と担当飼育員らは緊張の面持ちで臨んだが、新居に無事移った。新居での一般公開は26日始まる。

 2頭は2013年9月にスリランカから来園し、現在は人間で20歳前後に当たる。繁殖が期待されるため、手狭な旧居から転居した。新ゾウ舎は2階建てで延べ床面積は約1200平方メートルで、5頭を収容できる。【真栄平研】

最終更新:4/17(水) 9:12
毎日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事