ここから本文です

【楽天】島内が右あご付近に死球を受け、担架で退場 平石監督「まともに当たった感じじゃないのが唯一の救い」

4/17(水) 0:13配信

スポーツ報知

◆楽天5×―4西武(16日・楽天生命パーク)=延長10回

 楽天・島内宏明外野手(29)が延長10回無死一、二塁で右あご付近に死球を受け、そのまま担架に乗せられてベンチ裏に下がった。試合後は、自力で歩いてクラブハウスに戻り、検査のため仙台市内の病院に向かった。

【写真】“美人すぎる売り子”が際どいビキニで悩殺!

 球団によると、当たったのは右あごから首にかけて。平石監督は「本人は『まったく問題ありません』『担架はいいです』って言うんだけど、顔に当たってるから大事を取って代えました」と、会話をかわしたことを明かした。「まともに当たった感じじゃないのが唯一の救い」と大事には至っていないとの見解も示したが、17日以降の出場については「いろんなチェックをして、まったく問題がなければ使う可能性もあるけど、トレーナーも含めて慎重に状態をチェックしていきたい」とした。

最終更新:4/17(水) 11:16
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/24(水) 9:15

あなたにおすすめの記事