ここから本文です

「松野四万十バイクレース」がPR動画を公開 2019年は初の6月開催、参加受付中

4/17(水) 15:00配信

Cyclist

 愛媛県と高知県にまたがる自然豊かな山・森・渓谷をマウンテンバイク(MTB)で駆け抜ける「松野四万十バイクレース」が、大会PR動画を公開した。今年は開催時期を6月に移し、6月2日(日)に開催。参加エントリーを5月12日まで受付中で、4月末までは各クラス参加料が1000円割引になる。

 松野四万十バイクレースは、MTBで自然豊かな四国の山々を巡る、アドベンチャー系のレース。周回コースではなく、公道や林道を組み合わせ、走りごたえのある長距離ルートを作り上げた。コース上のエイドステーションでは土地のグルメや、浴衣美人との盆踊りなど、さまざまなアトラクションも用意する。ただ走るだけでない、伊予と土佐を体と心で感じるMTBイベントだ。

 距離は130.4kmのアルティメット、108.1kmのアドバンスド、41kmのチャレンジが設定。全部門がセルフディスカバリー方式で、コース上の道案内を頼りに、2~4人のチームが一組になってゴールを目指す。
 チーム単位での申込みが原則だが、1人でも参加したい人向けに、大会側でチームを組むマッチングサービスも用意する。

松野四万十バイクレース 2019
■開催日:2019年6月2日(日)
■集合場所/スタート地点:道の駅「虹の森公園まつの」
 愛媛県北宇和郡松野町大字延野々1510-1
■クラスと1人あたりの参加料
 アルティメット/130.4km(18歳以上):14,000円
 アドバンスド/108.1km(16歳以上):11,000円
 チャレンジ/41km(中学生以上):7,000円
 ※18歳未満の参加者が申し込む場合は、必ず保護者が一緒にエントリーのこと
 ※4月30日まで申込みの場合、各クラス1,000円引き
 ※参加賞、補給食、計測料、傷害保険料を含む
■募集定員:約300人
■表彰対象:男子の部・女子の部・ミックス(男女混合)の各部1~3位
■申込締切:5月12日

参加申込ページ
大会公式サイト

最終更新:4/17(水) 15:00
Cyclist

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事