ここから本文です

縦貫道全線開通へ活動 伊豆市の期成同盟会が総会、菊地会長再任

4/17(水) 13:07配信

伊豆新聞

 天城北道路および伊豆市幹線道路網整備促進期成同盟会(会長・菊地豊市長)は15日、2019年度総会を複合施設ふらっと月ケ瀬で開いた。

 同道路をはじめとした伊豆縦貫自動車道全線の事業促進活動などを盛り込んだ新年度事業計画や予算を承認した。

 菊地市長は1月26日に全線開通した同道路や下船原バイパスにふれ「予想はしていたが、思った以上に交通の流れが変わった。うまく活用する責務があるので、引き続き尽力をお願いしたい」とあいさつした。

 野田治久県議は、一日も早い伊豆縦貫道の全線開通に期待を寄せた。

 役員改選もあり、菊地会長を再任した。任期2年。

 審議終了後、国土交通省沼津河川国道事務所の藤井和久所長が本年度の道路事業概要、県沼津土木事務所の原広司所長が市内幹線道路網の整備状況について講演した。

 【写説】新年度事業などを承認した総会=伊豆市のふらっと月ケ瀬

最終更新:4/17(水) 13:07
伊豆新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事