ここから本文です

〔ロンドン株式〕上昇=半年ぶり高値(16日)

4/17(水) 1:30配信

時事通信

 【ロンドン時事】16日のロンドン株式市場の株価は、英通貨ポンド安を好感して上昇し、FT100種平均株価指数は前日比33.05ポイント(0.44%)高の7469.92で終了した。値上がり銘柄は約7割に達した。
 序盤のもみ合いから抜け出してジリ高となり、午後2時ごろに昨年10月上旬以来約6カ月半ぶりの高値となる7485.93を付けた。
 英CMCマーケッツのデービッド・マッデン氏は「英国に加え、ドイツやフランスの株価指数も半年ぶり高値を付けた。強気地合いが続いている。英国の欧州連合(EU)離脱が延期されたことや、欧州中央銀行(ECB)による資金供給策が好感されている。米中の貿易協議が妥当な方向に進んでいることも支援材料だ」と分析した。
 個別銘柄では、保険会社セントジェームズ・プレイスと英広告大手WPPが各2.8%高。英保険大手プルーデンシャルと英資産運用会社ハーグリーブズ・ランズダウンはそれぞれ2.7%高。旅行代理店大手トゥイは2.6%高。賭け屋大手パディー・パワー・ベットフェアーと英格安航空大手イージージェットはともに2.4%高だった。
 一方、包装資材大手モンディは2.5%安。英包装資材DSスミスと英ガス・電力大手セントリカはいずれも1.9%安とふるわなかった。

最終更新:4/17(水) 2:28
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事