ここから本文です

【マクラーレン】2020年からインディカーにフル参戦するかどうか夏までに決定

4/17(水) 19:59配信

TopNews

マクラーレン・レーシングのCEOを務めるザック・ブラウンが、2020年もしくは2021年から2台体制でインディカーにフル参戦を開始するかどうか今検討しているところだと語った。

「マクラーレンの株主たちがインディカーをやりたいと思っているのは間違いないよ。私としては参戦するかどうかというより、いつからやるかだと思っている」

そう語ったブラウンは、先週末に上海で行われたF1中国GPには姿を見せず、ロングビーチで開催されたインディカーレースを視察していた。

その中国GPでブラウンに代わってチームをとりまとめていたのはスポーティングディレクターのジル・ド・フェランだ。

「ジルが中国にいる。だが、中国から戻り次第、彼はインディアナポリスの準備に取りかかるよ」

ブラウンが言及したインディアナポリスとは、もちろんインディアナポリス500マイルのことだ。通称インディ500と呼ばれる世界3大自動車レースのひとつには今年フェルナンド・アロンソが2度目の挑戦を行うことになっている。

前回挑戦した2017年にはマクラーレンはインディカーの名門チームであるアンドレッティ・オートスポーツの協力を得て参戦していた。だが、今年はマクラーレンの単独チームとしてアロンソとともに戦うことになる。

「2017年は楽だったよ。マイケル(アンドレッティ)が仕事の大部分をこなしてくれたし、多くの経験が得られた」

そう語ったブラウンは次のように付け加えた。

「今回は完全に異なる経験になる。マクラーレンだけでやるわけだからね」

現在そのマクラーレンのインディカープログラムを率いているのは、昨シーズン途中までフォース・インディアのチーム副代表を務めていたロバート・ファーンリーだ。

ブラウンは、マクラーレンがインディカーへのフル参戦を決断する可能性は大いにあると次のように続けた。

「それはマクラーレンとしてレースをしたいところだからね」

「我々はF1に非常に集中してきたし、今後もそれは同じだ。もし我々が2020年からそれ(インディカー)をやるとすれば、夏までには決定をする必要があるだろう」

「つまり、2020年を除外したわけではない。だが、もしそうならなければ、我々は2021年を目指すことになるだろう」

マクラーレンのインディカー計画の中心にはアロンソがいるのかと訪ねられたブラウンは「ノー」と答えている。

実際のところ、アロンソは2020年のF1復帰を示唆するコメントも行っており、現時点ではインディカーフル参戦の優先度は低いと見ていいだろう。

最終更新:4/17(水) 19:59
TopNews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事