ここから本文です

男性巡査が勤務中に万引き

4/17(水) 19:54配信

あいテレビ

あいテレビ

愛媛県警察本部の男性巡査が勤務中に商業施設でおにぎりなどを万引きしたとして、先月、窃盗の疑いで書類送検されていたことが分かりました。
この巡査は、今年に入ってから万引きを繰り返していたと見られていますが、県警は「逃走の恐れがない」などとして逮捕せず、氏名や年齢も公表していません。窃盗の疑いで書類送検されたのは、愛媛県警察本部に勤務していた男性巡査です。
県警監察官室によりますと、この男性巡査は今年2月20日の午後、勤務中に商業施設でおにぎり2個と缶詰めあわせて557円分をポケットに入れ、盗んだ疑いが持たれています。
店内を巡回していた関係者が、不審に思い声をかけましたが、男性巡査はそのまま走り去っていて、この3日後、本人から上司に申告があり発覚したということです。調べに対し、男性巡査は「金を使いたくなかった」と容疑を認め、「今年に入ってから他に5件の万引きを繰り返し、食料品、数千円分を盗んだ」と話しているということです。県警は「逃走の恐れがなく自ら犯罪を申告した」などとして男性巡査を逮捕せず、先月29日付で窃盗の疑いで書類送検しました。
氏名や年齢についてもプライバシーを理由に公表していません。男性巡査は、減給10分の1、6か月の懲戒処分を受け、すでに依願退職しています。
この他、県警の女性職員が先月、居酒屋で酒を飲んだ後、原付バイクを運転したとして所属長訓戒処分を受けています。
県警監察官室は、「職員に対する職務倫理教養などを徹底し」再発防止に努めたい」とコメントしています。

最終更新:4/17(水) 19:54
あいテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事