ここから本文です

<高橋大輔選手>「髪切って少し後悔」? 「AERA」で3度目表紙に

4/17(水) 20:40配信

毎日キレイ

 フィギュアスケート男子のバンクーバー五輪銅メダリスト、高橋大輔選手が22日発売の週刊誌「AERA」(朝日新聞出版)2019年4月29日-5月6日合併号の表紙に登場する。撮影は写真家で映画監督の蜷川実花さんが担当。撮影は黒いチュールを使ったセットで行われ、シャッター音に反応するかのように堂々と体を動かした高橋選手は、撮影が終わると「恥ずかしかった」と頬を赤らめ、「髪を切ったことを少し後悔しました」とつぶやいたという。

【写真特集】高橋大輔選手 ナチュラルな装いもかっこいい!

 同誌の表紙を飾るのは、07、10年に続く3度目。07年は写真家の坂田栄一郎さんの撮り下ろしで、10年はバンクーバー五輪での報道写真が採用された。

 高橋選手の5ページにわたるインタビューも掲載され、引退後の4年間と、現役復帰、現在までの心境の変化を赤裸々に語る。「パフォーマーとして生きていきたい」と語り、「劇団四季のスケート版のようなカンパニーを作りたい」「一生現役」という言葉も飛び出したという。

最終更新:4/17(水) 20:40
毎日キレイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事