ここから本文です

書家・杭迫さん「令和」揮毫 残りの人生を故郷のために 静岡・森町

4/17(水) 12:00配信

テレビ静岡NEWS

テレビ静岡

森町出身の書家・杭迫柏樹さんが新元号「令和」の文字を揮毫しました。

また杭迫さんの業績を称え、文化振興をする団体も結成されました。

力強く筆を走らせ新元号「令和」の文字を揮毫したのは、書の最高峰といわれる日本芸術院賞をはじめ様々な受賞歴をもつ、森町出身の書家・杭迫柏樹さんです。

この日は「書を通して郷里のために残りの人生を捧げたい」という杭迫さんの想いから、文化振興をする団体「興静会」も結成されました。

杭迫柏樹さん 「本当に本望ですね、書家として本望。書というのは文化のひとつなので、書という文化を通して社会貢献がしたい」

今後、公共施設への作品の寄贈や「令和」の文字の公募書道展も計画しています。

テレビ静岡

最終更新:4/17(水) 12:00
テレビ静岡NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事