ここから本文です

吉良よし子参院議員「若者に諦めるなと言いたい」

4/17(水) 10:00配信

毎日新聞

 共産党の吉良よし子参院議員は毎日新聞政治プレミアに寄稿した。若者がブラックバイト(労働条件が劣悪なアルバイト)で苦しんでいることや、学生の自己破産が増えていることを指摘。厳しい状況にある若者に対して、それでもなお「諦めないことの大切さを伝えたい」と強調した。

 吉良氏は奨学金返済のために長時間労働を続けて自殺した若い女性の話などを紹介。日本の教育投資の薄さが格差の固定につながり、そのことが子どもに「諦め」を生んでいると説明した。

 そのうえで「最近、若者と話をしていて一番気になるのは、諦めることを学んでしまっていることだ」とし、「声をあげれば変えられる、諦めないことこそが、さまざまな問題を変えていく大事な一歩なんだ、ということを伝えていきたい」と訴えている。

最終更新:4/19(金) 12:28
毎日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事