ここから本文です

ファイターズ新球場の交通アクセス計画判明 新駅まで約200mの大規模通路も 北海道北広島市

4/17(水) 12:52配信

HBCニュース

北海道放送(株)

2023年に北広島で開業予定のファイターズの新球場について、新しい駅の構造など交通アクセスの全体像が明らかになりました。

ファイターズの新球場をめぐっては、最大で3万5000人となる観客をどう運ぶかが課題になっています。
複数の関係者によりますと、鉄道輸送で想定されている1万3500人のうち、今の北広島駅のホームを増設するなどして5400人、球場の近くに検討されている新駅では8100人の利用を想定しているということです。
また、HBCの取材で、球場から新駅までおよそ200メートルにわたって大規模な通路を整備し、ホームに乗客が集中しないよう滞留スペースも設けられることがわかりました。
新駅は2面4線となり、こ線橋でホームに降りる構造が検討されています。
7000人の輸送が想定されているシャトルバスについては、路線バスに加え、貸し切りバスも導入して輸送を賄う方針です。

北海道放送(株)

最終更新:4/17(水) 12:52
HBCニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事