ここから本文です

監獄の独房に快適に楽しく宿泊。星野リゾート、「旧奈良監獄」のホテル事業を星野社長が説明

4/17(水) 6:00配信

Impress Watch

 星野リゾートは4月16日、都内で定例プレス発表会を開催。3月29日に協定書を締結した、「旧奈良監獄」のホテル改修案件について説明した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 旧奈良監獄は、明治政府が監獄の国際標準化を目指して計画し、1908年(明治41年)に完成した「五大監獄」の一つ。赤れんが造の建物は歴史的価値が高く、意匠的にも優れた近代建築であるとして、2017年2月に重要文化財として指定されている。

 星野リゾートは「旧奈良監獄保存活用株式会社」と旧奈良監獄の保存・活用事業において協定書を締結し、旧奈良監獄の魅力を最大限に活かした「上質な宿泊施設」を実現すべく、ホテル仕様の改修設計に着手するなどの準備を進めている。

 発表会で星野リゾート 代表の星野佳路(よしはる)氏は、「急ピッチでスタートさせている」という本案件について、現地を訪問した際、「本当に特徴のある重要文化財の施設」であり、「この個性をどう活かすか」を考えてプロジェクトを進めていると説明。「監獄の独房に快適に楽しく宿泊していただける施設になるように、一所懸命に取り組んでいる」と話した。

 旧奈良監獄保存活用は、2017年12月に国(法務省)との間で締結した「公共施設等運営事業実施契約」に基づき、旧奈良監獄の赤れんが建造物の耐震改修工事や史料館、商業施設など複合施設の開業準備を進めている。

 今回地元の要望など踏まえ、奈良公園観光地域活性化総合特区において推進している滞在型観光拠点としての魅力を高め、さらなる地域活性化に貢献するため、旧奈良監獄保存活用が、本事業の付帯事業として「上質な宿泊施設」の運営について協力事業者を募集した結果、星野リゾートを協力事業者として選定し、実施契約の規定に基づく承認を受けている。この複合施設は、「2021年内」の運営開始に向けて、準備を進めている。

トラベル Watch,編集部:稲葉隆司

最終更新:4/17(水) 6:00
Impress Watch

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事