ここから本文です

高崎タカシマヤ「大東北展」復興支援で始まり人気イベントに /群馬

4/17(水) 8:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 6回目となる「大東北展」が4月17日、高崎タカシマヤ(高崎市旭町、TEL 027-327-1111)で始まる。(高崎前橋経済新聞)

【写真】「やまがた季節のフルーツパフェ」(864円)

 大東北展は2014年、東日本大震災の復興支援で始まった。今回はスイーツ15店、惣菜11店、弁当5店、イートイン2店、工芸10店など53店が出店する。初出店は8店。

 注目は「高橋フルーツランド」(山形県上山市)(初)の「やまがた季節のフルーツパフェ」(864円)、「あおもり帆立小屋」(青森県青森市)(初)の「陸奥湾ほたて入り五色丼」(1,728円)、「会津喜多方らーめん坂新」(福島県会津若松市)(初)の「肉そば」(951円)など。

 東北は果物、海産物、牛肉など食材が豊富。「やまがたの季節のフルーツパフェ」はイチゴ・サクランボ・メロン・リンゴが、「肉そば」は豚骨スープに豚バラチャーシューが使われている。

 工芸品の注目は「雅山」(山形県山形市)の「鉄瓶」(15,120円)、「岩手革」(岩手県盛岡市)(新)の「岩手単角牛レザーキャンバスバッグ」(19,224円)など。

 手軽なものでは「苺みるく大福」(260円)、「ずんだもち」(594円)、ウニ・イクラ・ホタテの合わせ盛り「三陸弁当」(1,250円)などがある。

 開催時間は10時~19時(土日は19時30分)、最終日は17時まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事