ここから本文です

東北新幹線の混雑 下り今月27日 上り来月5日 ピーク

4/17(水) 19:33配信

TBC東北放送

TBC

 10連休となる2019年のゴールデンウィーク期間中、東北新幹線の混雑のピークは、下りが4月27日、上りは5月5日になると予想されています。
 JR東日本によりますと、4月26日から5月6日までのゴールデンウィーク期間中、東北新幹線の混雑のピークは、下りが4月27日、上りが5月5日と見られています。2019年は、10連休となるため、JRは、利用客が例年より増えると見込み、期間中、345本の列車の増発を決めましたが、4月27日は、指定席の8割弱、5月5日は、約6割が埋まっているということです。
 一方、ネクスコ東日本によりますと、県内の東北自動車道の混雑のピークは、下り線が5月2日で、大和ICと泉PAとの間で最大15キロの渋滞が予想されています。上り線の混雑のピークは、5月5日で、三本木PAと築館ICとの間で最大20キロの渋滞が見込まれています。ネクスコ東日本は、10連休で渋滞の発生回数は、2018年より増えるとみていて、事前に情報を確認し、ゆとりをもって利用するよう呼びかけています。

最終更新:4/17(水) 19:51
TBC東北放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事