ここから本文です

新種牡馬エピファネイアらの産駒が本日の門別でデビュー

4/17(水) 12:03配信

netkeiba.com

 17日に開幕する本年度のホッカイドウ競馬。18:40に発走予定の9R・JRA認定スーパーフレッシュチャレンジ(ダ1200m)は“日本一早い2歳戦”。ここではさっそく今年の新種牡馬の産駒がレースに登場する。

【写真】エピファネイアこれまでの軌跡

 アイズオンユー(母リキセレナード)は2014年のジャパンCなどを制したエピファネイアの産駒。能検でも好タイム・好パフォーマンスを見せた1頭で、ここでも人気が見込まれる。また、バブリーダッシュ(母チーズクイーン)も2014年の高松宮記念などを制した新種牡馬コパノリチャードの産駒。エリタダス(母モエレピンクレディ)は2016年から日本で供用開始となったエスケンデレヤの産駒(国内での産駒出走歴はある)でこちらも新種牡馬だが、出走取消となった。

最終更新:4/17(水) 12:09
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事