ここから本文です

アゼルバイジャンGPのドライバー別タイヤ選択が明らかに。メルセデス、フェラーリはミディアム重視

4/17(水) 18:09配信

motorsport.com 日本版

 F1タイヤサプライヤーのピレリは、第4戦アゼルバイジャンGPでのドライバー別タイヤ選択リストを公開した。

【タイヤリスト】全ドライバーのアゼルバイジャンGPタイヤ選択リスト

 今季使用されるタイヤにはコンパウンドの硬い順にC1~C5の5種類が存在するが、このレースではオーストラリアGP、中国GPと同様にC2、C3、C4の3種類が持ち込まれ、順にハード、ミディアム、ソフトと呼ばれる。

 ただこれまでと違って今回は、多くのチーム、ドライバーが全13セット中9~10セットもソフトタイヤを持ち込むという、ソフト重視の選択が多く見受けられる。

 その中でメルセデス勢はソフト8セット、ミディアム4セット、ハード1セットを選択。フェラーリに限ってはソフト7セット、ミディアム5セット、ハード1セットと、他チームとは違ったタイヤ戦略をとってきた。ミディアムタイヤの性能劣化を重点的に確かめるためなのか、はたまたミディアムタイヤでのスタートを考えているからなのか、その狙いが気になるところだ。

 レッドブルは両ドライバーともソフト9セット、ミディアム3セット、ハード1セットと、比較的オーソドックスな選択と言える。

 全10チームの中で、決勝用に指定されている1セット以外で余分にハードタイヤを持ち込んでいるのは、ルノー、アルファロメオ、トロロッソ、ウイリアムズの4チームそれぞれ1台ずつのみ。中国GPでは多くのチームが使用したハードタイヤだが、今回はサーキット特性もあり、登場する機会は少なそうだ。

 ピレリのF1責任者マリオ・イゾラは、motorsport.comに対して次のように語った。

「バクーにはタイヤを冷やしてしまうとても長いストレートがあるので、特殊なトラックと言える」

「さらに前後のタイヤ温度のバランスを保つことがとても難しい。過去のレースでは多くのチームが、リヤタイヤをオーバーヒートさせずにフロントタイヤに熱を入れることに苦労していた」

「路面の舗装はとてもスムーズだが、街中にある市街地サーキットであるため、陽が当たっている部分と、影になっている部分が混在している」

「持ち込んだタイヤの種類はメルボルン、上海と同じだ。我々はソフトタイヤのデグラデーションを理解する必要がある。明らかにそれが今回の主題だ」

「ここはブレーキングとトラクションが全てのサーキットなので、横方向のエネルギーはあまり必要ではない。そのため、ここでのタイヤの磨耗はそれほど大きくない」

「ただセーフティカーが出動した場合、タイヤの発熱は抑えられるが、逆に作動温度領域に戻すことが難しくなるだろう」

Valentin Khorounzhiy

最終更新:4/17(水) 18:09
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事