ここから本文です

嘉手納基地から米兵が脱走 8日から行方不明 銃器は所持せず

4/17(水) 10:19配信

琉球新報

 米軍嘉手納基地に所属する20代の男性空軍兵が8日から行方不明となっていることが16日、沖縄県や県警への取材で分かった。米憲兵隊が脱走兵として12日に県警へ情報提供した。県警は男性を発見次第、日米地位協定に伴う刑事特別法に基づき、逮捕して米側に引き渡す方針だ。


 県や県警によると、脱走兵は銃器などは所持しておらず、県警は家出人としての取り扱いで行方を追っている。外務省は米側からの情報を受けて12日に渉外知事会へと連絡した。同会は15日に県へ情報提供していた。昨年12月には嘉手納基地の別の空軍兵が銃を所持したまま脱走する事案も起きた。県警は銃刀法違反容疑での立件も視野に捜査を進めているが、米軍は空軍兵に医療的ケアが必要として米国に帰国させた。

琉球新報社

最終更新:4/17(水) 10:19
琉球新報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ