ここから本文です

菅田将暉『シャザム!』吹き替えオファーに驚き

4/17(水) 12:01配信

シネマトゥデイ

 俳優の菅田将暉が16日、新宿ピカデリーで行われた映画『シャザム!』の日本語吹替版完成披露舞台あいさつに登壇し、主人公シャザムの日本語吹き替えのオファーを受けた当時の心境を語った。

【写真】菅田将暉ら登壇!日本語吹替版完成披露舞台あいさつの様子

 本作は、謎の魔術師からスーパーパワーをゲットしたイマドキの悪ガキ・ビリーが「見た目はオトナ・中身はコドモ」のヒーロー・シャザムに変身し、悪ノリ全開で最凶の敵と戦うさまを描き出す。この日は、ビリー役の緒方恵美、フレディ役の阪口大助、メアリー役の平野綾も出席した。

 菅田は、声優のオファーに「ビックリしました。オファーが来たのがついこの間ですもん」とぶっちゃけた。「テレビで予告編が流れていて。DCの新しい作品をやるんだな、普通に面白そうだから観に行こうかなと思っていたら、その2日後くらいにオファーが来て。『え、まだ録ってなかったの』と思いましたよ」と笑いつつも、「ちょうどドラマが終わってヒマだったんで。そんなに大きい話だとは思っていなかったので逆に悩みました。詐欺じゃないかと。でも光栄です。ありがたいです」と振り返る。

 また、菅田、阪口はそれぞれに「銀魂」の実写版・アニメ版で、志村新八役を担当する“ダブル新八”コンビ。そんな2人が演じる悪ガキ仲間のビリーとフレディが遊ぶシーンが本当に楽しかったと語る菅田。ビリーとフレディの関係性を阪口が「青春というよりもうちょっと下の年代かな。ちょうどダンゴムシを集めるようなレベルの」と例えると、菅田が「俺も集めてたわ~。理科の時間、筆箱を開けたらダンゴムシがウワーッて」と興奮気味に語り、平野、緒方ら女性陣から若干引かれていた。

 今作では、映画『銀魂』シリーズなどで知られる映画監督の福田雄一が、日本語吹き替え版の監修・演出を手掛けた。日本語吹き替え版について菅田は「全体的にわかりやすくなっています。もともとのギャグが向こうのあるあるなんですけど、それが福田さんのワードセンスでよりわかりやすくなって。それで感動できるようになります」と説明する。

 続く緒方も福田監督のことを「演出が的確。作品を大事にされながら、わかりやすい言葉に変換していました」と述べ、「言葉選びのセンスがすばらしかったと思います」と絶賛していた。(取材・文:壬生智裕)

映画『シャザム!』は4月19日より全国公開

最終更新:4/17(水) 12:16
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ