ここから本文です

東京五輪大会成功へ 福島県内関係者 詳細日程発表で決意新た

4/17(水) 10:35配信

福島民報

■代表入り誓う 県勢選手

 県勢の選手は大舞台を目標に、今後本格化する日本代表争いに臨む。バドミントンは男子シングルスの桃田賢斗選手(NTT東日本、富岡高出身)、男子ダブルスの渡辺勇大選手(日本ユニシス、富岡高出身)組、混合ダブルスの渡辺選手・東野有紗選手(日本ユニシス、富岡高出身)組らが代表入りを狙う。

 自転車は新田祐大選手(ドリームシーカー、白河高出身)らが二〇二〇年三月まで続く個人のランキング争いに挑んでいる。レスリング女子七十六キロ級の皆川博恵選手(クリナップ)は九月の世界選手権(カザフスタン)での五輪代表内定を視野に入れる。

 陸上は九月十五日の代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」に出場する男子マラソンの今井正人選手(トヨタ自動車九州、原町高出身)、東邦銀行勢らが日の丸を目指す。

■入場券購入申し込み受け付け 連休明けから

 東京五輪の入場券購入の流れは【表(1)】の通り。大型連休明けの五月九日にも受け付けが始まる抽選申し込みにはインターネット上の「TOKYO 2020ID」(https://id.tokyo2020.jp/)への登録が必要。その上で今月十八日に開設される公式サイトで観戦したい競技の座席の種類や枚数を選んで申し込む。

 抽選結果は入場券転売禁止法が施行される六月十四日以降に発表される。秋には公式サイトで先着順の販売も始まる。

 あづま球場で実施される競技の入場料は【表(2)】の通り。野球、ソフトボールともA~D席ごとに料金が設定されている。

2/2ページ

最終更新:4/17(水) 10:35
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事