ここから本文です

ぽかぽか、山形市で桜満開に

4/17(水) 20:55配信

山形新聞

 17日の県内は高気圧に覆われ、前日に続き全般に晴れて日差しが注いだ。山形地方気象台は、構内で12日に開花した桜(ソメイヨシノ)の観測用標本木が満開になったと発表した。満開の発表基準は花が80%以上が咲きそろった状態としており、平年より2日早く、昨年より6日遅い。

 ソメイヨシノを筆頭に約1500本の桜が植栽されている山形市の名所、霞城公園では、お堀を囲む桜がほぼ満開まで咲き進んだ。市民や観光客が行き交い、ゆったり散策したり熱心に写真を撮ったりしていた。

 この日は気温も上がり、山形で平年より5.5度高い22.0度となるなど、同気象台の22観測点のうち18地点で今年初めて20度を超え、東根と鶴岡市鼠ケ関を除く20地点は今年の最高気温を記録した。各地とも平年より5~7度高くなり、おおむね5月中、下旬並みと初夏の陽気になった。

最終更新:4/17(水) 20:55
山形新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事