ここから本文です

職員ら300人黙とう 熊本県の益城町役場 熊本地震 本震3年

4/17(水) 15:36配信

熊本日日新聞

 前震と本震2度の震度7に見舞われ、甚大な被害が出た熊本県益城町の町役場仮設庁舎では、朝から職員ら約300人が黙とうし、犠牲者の冥福を祈った。

 西村博則町長は「少しでも復興を早めようと県と連携して取り組んでいる。町民の意見を聞きながら事業を進めたい」と決意を新たにした。同町では、関連死を含め45人が犠牲となり、被災した3473人が仮設住宅で生活を続ける。

 同じく大きな被害を受けた南阿蘇村と西原村、阿蘇市でも同日、防災無線で呼び掛けるなどして、住民や職員らが黙とうし、復興に向けて気持ちを一つにしていた。(深川杏樹)

(2019年4月17日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

最終更新:4/17(水) 15:36
熊本日日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事