ここから本文です

娘に日常的虐待か「行き過ぎたしつけだった」 仙台市

4/17(水) 19:38配信

TBC東北放送

TBC

 2018年、当時11歳の娘に対し、頭を踏みつけるなどの暴行を加えたとして、父親が逮捕された事件です。この父親が、「行き過ぎたしつけだった」と供述していることが、捜査関係者への取材で新たにわかりました。
 暴行の疑いで逮捕された仙台市泉区の会社員、後藤亨智容疑者(43)の身柄は、17日朝、仙台地方検察庁に送られました。後藤容疑者は、2018年8月、当時11歳だった娘の頭を数回踏みつけるなどの暴行を加えた疑いがもたれています。その後の捜査関係者への取材で、取り調べに対し、後藤容疑者が、「行き過ぎたしつけだった」と話していることが新たに分かりました。後藤容疑者は、児童相談所の聞き取り調査に対し、「手伝いをしろと言ったのに応じなかったので腹が立った」と、暴行の理由を説明していました。また、娘は、児童相談所に対し、「父親からよく叩かれたり、蹴られたりしていた」と、話していて、警察は、後藤容疑者による虐待が、日常的に行われていたとみて、調べています。後藤容疑者には、娘を含む5人の子どもがいて、ほかのきょうだい2人も暴力をふるわれていた疑いがあり、児童相談所は、5人全員を保護しています。

最終更新:4/17(水) 19:50
TBC東北放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事