ここから本文です

group_inouのMVや「ボブネミミッミ」を手がけるAC部がドキュメンタリー映像を公開

4/17(水) 14:50配信

CDジャーナル

group_inouのMVや「ボブネミミッミ」を手がけるAC部がドキュメンタリー映像を公開

group_inouのMVや「ボブネミミッミ」を手がけるAC部がドキュメンタリー映像を公開

 今年で活動20周年を迎える、安達 亨と板倉俊介のクリエイティヴ・チーム「AC部」が、制作の裏側に迫るドキュメンタリー映像を公開しています。

 今年1月に公開されたDJ / プロデューサー“Powder”のミュージック・ビデオ「NewTribe」が、フランスで開催される〈アヌシー国際アニメーション映画祭〉の受託部門に日本人で唯一ノミネートされるなど、作品が海外でも注目を浴びているAC部。これまでにもgroup_inou、ORANGE RANGEなどのミュージック・ビデオ、「鳩に困ったら雨宮」「花王メンズビオレワン」「西友」など数多くのCM、アニメ「ボブネミミッミ」(『ポプテピピック』の1コーナー)などを手がけてきました。また、大量のスケッチブックを駆使し展開する独自のパフォーマンス「高速紙芝居」も注目されています。

 日本のカルチャーを題材としたショート・ドキュメンタリーを配信しているYouTubeチャンネル“Archipel”が制作を手掛けたドキュメンタリー映像は、“視聴者に予期せぬ奇妙な感情を提供する”という明確なコンセプトのもとに制作されるAC部の作品の中毒性の秘密を中心に、アーティストの裏側に迫るというもの。AC部作品にインスピレーションを与えた場所に、本人と一緒に訪れながら、その制作秘話が語られているほか、普段ふざけながら作っていると思われがちなAC部の作品が、実は計算され尽くした上での賜物であることが分かる内容となっています。

最終更新:4/18(木) 10:08
CDジャーナル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事