ここから本文です

〔東京外為〕ドル円、112円前後=反落後はもみ合い(17日正午)

4/17(水) 12:30配信

時事通信

 17日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、株高を背景に上昇した後は反落し、1ドル=112円前後でもみ合いとなっている。正午現在、111円97~98銭と前日(午後5時、111円89~89銭)比08銭の小幅ドル高・円安。
 ドル円は早朝、米株高・米長期金利上昇で買われた海外時間の流れを引き継ぎ、112円前後で底堅く推移。午前9時以降、日経平均株価の堅調などを背景に、一時、年初来高値となる112円15銭を付けた。一方、同水準では国内輸出企業のドル売り・円買いが出て、111円90銭近辺に軟化。その後発表された1~3月期の中国GDPが予想を上回る結果となり再び強含んだが、買いは続かず112円前後でもみ合いとなっている。
 日米貿易協定交渉が日本時間の早朝に終了し、「無難に通過したことで安心感が広がった」(外為仲介業者)こともドル円を支援したとされる。また、3月の鉱工業生産などその他の中国経済指標も良好で、「相場の環境自体はリスクオンムードが続いている」(FX会社)という。ただ、112円10銭前後では「連休を控えた手じまい売りの動きが出やすい」(同)として、午後も上値の重い展開が続くとみられる。
 ユーロは午前9時と比べて、対円、対ドルともに小高い。1ユーロ=126円48~48銭(前日午後5時、126円55~55銭)、対ドルは1.1298~1298ドル(同1.1310~1310ドル)。

最終更新:4/17(水) 14:27
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事