ここから本文です

「ルパン三世」 漫画家モンキー・パンチさん死去、81歳

4/17(水) 10:40配信

毎日新聞

 ヒット作「ルパン三世」で知られる漫画家、モンキー・パンチ(本名・加藤一彦=かとう・かずひこ)さんが11日、肺炎のため死去した。81歳。葬儀は近親者で営んだ。後日、しのぶ会を開く予定。

 北海道浜中町生まれ。高校卒業後に上京し、1965年にデビュー。67年、「漫画アクション」で連載を開始した「ルパン三世」は、アメコミ調のシャープな絵柄とユニークなアクションで人気を博した。71年にはテレビアニメの放送が開始。世界を股にかける天才的な怪盗だが、ドジで憎めないルパン、ガンマンの次元大介、剣の達人・石川五ェ門、謎の美女・峰不二子、ルパンを追う銭形警部ら登場人物が、コメディー、ハードボイルドなどさまざまな要素が合わさったドラマを織りなした。

 現在に至るまでテレビ特番や映画作品が作り続けられ、「ルパン三世」は世代を超えたヒットシリーズになった。79年には宮崎駿監督が手がけた劇場版アニメ「カリオストロの城」が公開された。

 2003~12年、デジタルマンガ協会会長。CGを使った3Dアートの研究などにも意欲的に取り組んだ。

最終更新:4/17(水) 16:05
毎日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事