ここから本文です

ロッテ・涌井、9年ぶり無四球完封!チームの連敗「4」で止めた

4/17(水) 7:00配信

サンケイスポーツ

 (パ・リーグ、ロッテ6-0ソフトバンク、4回戦、ロッテ3勝1敗、16日、ゾゾマリン)これがエースの投球だ。ロッテ・涌井秀章投手(32)が9回を2安打に抑え、昨年4月26日の楽天戦(楽天生命パーク)以来、無四球では西武時代の2010年7月16日のロッテ戦(千葉マリン)以来となる完封勝利を飾った。

 「九回にすごい大声援で送り出してくれたので、これはいけるなと。今は最高の気分です」

 四回以降は1人の走者も出さない圧巻の内容。試合前まで12球団ワーストのチーム防御率5・06と苦しんでいた投手陣を救う今季初白星に、会心の笑みを浮かべた。

 フリーエージェント(FA)で加入し6年目。「低めに押さえつけるように投げれば(ボールが)浮く。向こうも差し込まれていた」と本拠地特有の強風を考慮し、味方につけた。

 プロ15年目。グラウンド内外でチームを引っ張る。調子が上がらない若手に積極的に声を掛け、石垣島での春季キャンプ中には外国人選手を連れてイタリア料理店で歓迎会も開いた。

 日本ハムから加入1年目のレアードは恩返しとばかりに、三回に満塁弾で援護。涌井は「これからも頼りになります」とお立ち台でねぎらった。

 昨季まで「16」だった背番号を今季は尊敬する先輩・松坂(中日)と同じ「18」に変更した。開幕投手は石川に譲ったが、大黒柱としてチームの連敗を4で止めた。

 昨季は7勝にとどまったが「久しぶりに仕事ができたかな」と涌井。頼もしいエースとともにロッテの逆襲が始まる。

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事