ここから本文です

かき氷も!“史上最速”北海道18地点で夏日 鶴居村27.1℃に 札幌も22.3℃で18年ぶり暖かさ

4/17(水) 18:32配信

HBCニュース

北海道放送(株)

17日の道内は、上空に入った暖気や山越えの暖かい空気が吹き降りるフェーン現象の影響で、気温がぐんぐん上がりました。
最高気温が26.1度と夏日になったオホーツク海側の津別町では、急きょ、かき氷を用意した店もありました。

「いただきます。冷たくておいしい」(記者)

17日これまでの最高気温は、道東の鶴居村で27.1度、釧路の中徹別で26.5度と、18地点で25度を超える夏日となりました。
道内では、2003年に並び観測史上最も早い夏日です。
22.3度まで気温が上がった札幌も、4月の中旬としては18年ぶりの暖かさで、ベンチや芝生でくつろぐ人の姿が見られました。

「スカートはきたいなと思う」
「薄着なのに中は汗をかいている。夏が心配」

夜は日本海側や太平洋側の沿岸部で、くもり空に変わりますが、18日も気温が上がり6月並みのぽかぽか陽気になりそうです。

北海道放送(株)

最終更新:4/17(水) 20:48
HBCニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ