ここから本文です

ユーキャンスマイル、天皇賞・春1週前追い切り速報/栗東トレセンニュース

4/17(水) 13:27配信

netkeiba.com

 ダイヤモンドSで初重賞制覇となったユーキャンスマイル(栗東・友道康夫厩舎)。直近3走はすべて3000m以上の距離という、徹底したステイヤー仕様での天皇賞・春(4月28日・京都芝3200m)への挑戦。

 今朝17日は岩田康誠騎手が跨って、CWコースでの3頭併せ。アドマイヤユラナス、ネプチュナイトを追いかけたが、さすがに道中は余裕の走り。3コーナー手前あたりで前が遅くなり、ここでラップがちぐはぐになったが、そんな場面も折り合いを欠くようなことはない。

 4コーナーからはしっかりと加速していき、最後の直線は内から前をきっちりと捕まえに行く。最後は真ん中にいたネプチュナイトと併走したが、手応えは断然こちらが優勢。ゴールでもきっちり先着した形でフィニッシュしている。

 時計は6F81.7~5F66.9~4F52.5~3F37.7~1F12.0秒。先週まではさほど速い時計を出していなかったので、ここでようやくといった数字だが、ここまでの積み重ねが凝縮された追い切りといってよい。

(取材・文:井内利彰)

最終更新:4/17(水) 13:27
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ