ここから本文です

巨人・原監督 新オーダー的中2桁安打!連敗脱出に成功

4/17(水) 8:30配信

デイリースポーツ

 「巨人8-2広島」(16日、平和リース球場)

 巨人は原采配が的中し、昨年の覇者広島に圧勝。今季初めて1番に坂本勇、2番に丸を据えた新打線が2桁安打とつながり、連敗脱出に成功した。原監督は「1番バッターが抜けたというところでね。彼ら(坂本勇、丸)はどの場所でもそこそこやってくれるというのはありますけど。むしろ、3番のビヤ(ビヤヌエバ)が非常に存在感があった」と振り返った。

【写真】投手陣の崩壊に肩を落とす巨人・原監督

 年に1度の鹿児島開催。日没前の初回から新オーダーが機能し、地元のファンを喜ばせた。先頭坂本勇が遊撃内野安打で出塁し、1死から新3番のビヤヌエバが四球を選び好機拡大。2死一、二塁から8試合ぶりに5番で起用されたゲレーロが左前へ先制打を放ち、打線に火がついた。

 二回1死満塁では丸の併殺崩れの間に追加点。さらにビヤヌエバの左翼への鋭いライナーを松山が見失い、後方へ抜けていった。2者が生還。序盤の4点リードにベンチは沸き返った。

 14日に不動の1番、吉川尚が腰痛により抹消となる非常事態。原監督は前日まで打順を悩んでいた。「どういうふうにすればいいか(打撃コーチと)相談しながら」。出した結論は「自軍の我々の戦い、スタイルで戦いたかった」。序盤に先制し主導権を握る展開こそ原野球。1、2番を厚くする攻撃的オーダーで臨み、その勝負手が的中した。

 七回には4番・岡本が3試合連発となる左越えソロでダメを押した。新オーダーで2位再浮上。「悪い手応えはなかった」。控え目に語りながらも、鹿児島で巻き返しへの手応えをつかんだ1勝だ。

最終更新:4/17(水) 8:55
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/25(土) 12:30

あなたにおすすめの記事