ここから本文です

ゴールドドリーム、かしわ記念追い切り速報/栗東トレセンニュース

4/17(水) 14:08配信

netkeiba.com

 前走フェブラリーSではクビ差の2着に敗れたゴールドドリーム(栗東・平田修厩舎)。昨年と同じ2着からのローテーションでかしわ記念(5月6日・船橋ダート1600m)へ向かう。今朝17日はレースに向けた追い切りを行っている。

 2回目のハローが終了した直後のCWコース。C.ルメール騎手が跨って、半妹モンオール(父オルフェーヴル)を追いかける併せ馬。向正面で5馬身以上は追走していたが、前がぐんぐん飛ばしていく流れにきっちりとついていく。

 というか、前は懸命に走っていて、こちらは楽々の手応えで追いかけている感じ。最後の直線も外から持ったままの手応えで交わしていく。相手が未勝利ということもあって、ここまで楽だったのかなと思って、ストップウオッチを見ると驚き。

 6F80.0~5F65.4~4F51.6~3F38.5~1F12.2秒。自身はこの時計を出すことには慣れているが、大外を回って、ここまで楽な手応えで動けることが凄い。レースまでの日程を逆算しても、今の時点でここまで動けるのだから、レースの頃には完璧に仕上がるだろう。

(取材・文:井内利彰)

最終更新:4/17(水) 14:08
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事