ここから本文です

阪急電車が5キロ速度超過 匿名投書で発覚

4/17(水) 11:48配信

神戸新聞NEXT

 阪急電鉄の宝塚発梅田行き準急電車(8両編成)が2018年、通過する西宮北口駅のカーブで制限速度を5キロ超えて運転する事案があったことが、同電鉄への取材で分かった。

【写真】乗客置き去り、喫煙、速度超過… 阪急バス運転手

 同電鉄によると、18年2月26日午前8時20分ごろ、西宮北口駅で今津線から神戸線に入るカーブの区間で、規定の時速25キロで全車両が通過すべきところを、4両が通過した時点で速度を上げたという。

 運転士が速度を上げる目印を見誤ったためで、阪急は全運転士を対象に講習会を実施。その後、同様の事案は起きていないという。乗客にけががなく、速度超過幅も公表の社内基準に当たらないため、発表していなかった。

 運転士は目印を見誤った認識がなく、同年2月28日に匿名の投書があり、社内で調査して発覚した。運転士は当時、運転経験11カ月だったという。

最終更新:4/17(水) 12:32
神戸新聞NEXT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事