ここから本文です

〔東京外為〕ドル円、112円近辺=材料一巡で横ばい(17日午後3時)

4/17(水) 15:30配信

時事通信

 17日午後の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、売り買いの材料とみられた中国経済統計などの発表が一巡したことから、1ドル=112円近辺で横ばいとなっている。午後3時現在、111円99~99銭と前日(午後5時、111円89~89銭)比10銭のドル高・円安。
 早朝は、111円90銭~112円00銭台で推移した。午前9時以降、日米株高を背景に112円10銭台に上昇したが、同水準では利益確定の売りも出て111円90銭台に反落した。その後発表された中国経済指標が良好で再び112円台に浮上する場面もみられたが、実需筋のドル売り・円買いなどに圧迫された。午後は手掛かり材料が一巡し、112円近辺でこう着感を強めている。
 市場では「中国の経済指標に回復の兆しが見えており、リスクオンムードが広がっている」(国内銀行)との指摘があった一方、「10連休を控えて、持ち高調整の売りも目立つ」(大手邦銀)とされ、方向感を欠いた。日米貿易交渉の初会合については「来週末に予定される日米首脳会談までは様子見ムードになる」(信託銀行)との声が聞かれ、東京時間では材料視されなかった。
 ユーロは正午に比べ、対円、対ドルともにしっかり。午後3時現在、1ユーロ=126円63~64銭(前日午後5時、126円55~55銭)、対ドルでは1.1310~1311ドル(同1.1310~1310ドル)。

最終更新:4/17(水) 18:28
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事