ここから本文です

JGI馬ニホンピロバロンが9ヶ月以上の休養へ 屈腱炎発症のため

4/17(水) 17:41配信

netkeiba.com

 13日に行われた中山グランドジャンプ(JGI・障害4250m)で6着のニホンピロバロン(牡9、栗東・田所秀孝厩舎)は、左前繋部浅屈腱炎を発症していることがわかった。17日、JRAが発表した。今後は9ヶ月以上の休養を要する見込み。

【写真】ニホンピロバロンこれまでの軌跡

 ニホンピロバロンは父フサイチリシャール、母ニホンピロアニカ、その父キャプテンスティーヴという血統。

 2016年には障害レースで5連勝をあげたが、同年12月に右前繋部浅屈腱炎を発症。昨年3月に復帰し、復帰3戦目の中山大障害ではタイセイドリームの猛追をハナ差退けて、JGI制覇を果たしていた。

最終更新:4/17(水) 18:21
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事