ここから本文です

オリ吉田正尚の肉体改造に2人の“恩人” 腰痛持ちから開眼の裏側

4/17(水) 12:10配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 球界広しといえど、この人ほどフルスイングする打者は珍しい。

 16日の日本ハム戦で先制2ランを含む4安打3打点で勝利に貢献したオリックスの主砲・吉田正尚(25)のことだ。

 敦賀気比(福井)、青学大を経て、15年のドラフト1位で入団。173センチ、83キロ。野球選手としては小柄ながら、これでもかとばかりに振り回すスイングが災いして、入団後しばらくは腰痛に悩まされた。プロ1年目の16年は63試合、2年目の17年は64試合の出場にとどまった。

「転機となったのはアテネ五輪ハンマー投げ金メダリストの室伏広治氏の指導と、管理栄養士の資格を持つ女房の体調管理だった」と、周囲の関係者は口をそろえる。

 16年オフ、吉田は東京医科歯科大教授でスポーツサイエンスセンター長を務める室伏氏を訪ねた。フルスイングに耐え得る強靱な肉体をつくり上げるためだ。室伏氏とともにトレーニングをしながら、肉体強化に成功。「硬い筋肉はダメ。柔らかい筋肉をつけないと」と、吉田は周囲に話している。室伏氏とのトレーニングは昨オフで3年目になる。17年10月に入籍した管理栄養士の資格を持つ女房の存在もデカい。遺伝子検査や血液検査などから体質を把握、吉田の体に合った栄養が取れるような食事をつくってサポートした。

 甲斐あって、プロ3年目の昨シーズンは自身初となる全143試合に出場して打率.321、26本塁打、86打点。オリックスの主砲としての地位を築き、3100万円だった年俸は8500万円にアップした。「どちらかといえば寡黙だしマジメ。裏表のない性格で、裏方さんたちにもきちんと挨拶するし、チーム内での評判もいい」とはオリックス関係者だ。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ