ここから本文です

丸は2番でも存在感 巨人移籍効果の陰にストレスフリー環境

4/17(水) 12:10配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 新打線が機能した。

 開幕から1番を務めていた吉川尚が14日に腰痛で離脱。16日の広島戦では、これまで2番だった坂本勇人(30)、3番だった丸佳浩(30)が1、2番コンビを組んだ。

 坂本は2安打1四球。丸は4打数無安打ながら2打点2得点で快勝に貢献した。開幕から2、3番として機能していた2人の打順を繰り上げた理由について原監督は「坂本、丸は離したくなかった。彼らはどの場所(打順)でもそこそこやってくれる」と説明した。

 最下位を走る古巣を尻目に、巨人で存在感を見せているのが、その丸である。広島から5年総額25億5000万円の大型契約でFA移籍。これまでの多くの先輩とは違い、FAの重圧に押し潰されることなく、自身のプレースタイルを貫く。打率.333、出塁率.403と持ち味を発揮している。

 なかなかの変わり者ともっぱらだ。2014年に主な趣味だった麻雀、酒、たばこを一斉に断った。春のキャンプ中に行われた自身の歓迎会でも酒は口にせず、ウーロン茶などを飲んでいたという。「だから食事に誘いにくいんです。絶対出ないわけではないけど、基本的には宿舎のホテルから出たがらないし、食事のために繁華街に繰り出すより部屋で休みたいタイプ」とはあるチームメートだ。

 2月の初めての巨人キャンプ。大型補強の筆頭格として周囲の注目を一身に浴びていた。普通なら気疲れするところ。が、丸の場合はなぜか「ストレスフリー」だったそうだ。前出のチームメートが証言する。

「ズバリ、ゲームです。キャンプの時は『プレステ4』などのゲーム機をごっそりスーツケースに詰め込んで、部屋にこもってはゲームに没頭していた。『巨人は環境がいい』とも漏らしていました。これは宿舎のWi-Fi環境のこと。オンラインゲームをやるうえで大事なんです。広島時代はみんなが一斉にゲームをやると止まってしまったり、動きが遅くなったりすることが頻発。イライラさせられたそうです。巨人に入ってそれがなくなり、快適なゲーム環境だったことが、キャンプからここまでの調整に生きたんじゃないか」

 たかがWi-Fi、されどWi-Fi。ゲーマー・丸にとって、これも立派な移籍効果である。

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/24(水) 13:00

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ