ここから本文です

パHR争いで独走レアード 古巣の日ハム見返す衰え知らずの“爆発力”

4/17(水) 12:10配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 幕張の“スシボンバー”が炸裂した。

 16日、ロッテのレアード(31)がリーグトップを独走する8号満塁弾をバックスクリーン左に叩き込んだ。1点リードの三回という追加点が欲しい場面、ソフトバンク先発東浜からの一発だった。

 ベースを回る際に見せる、大好物の寿司を握るポーズもお馴染みとなった。お立ち台では「マクハリズシ(自身がプロデュースし、球場で販売されている寿司)、サイコー!」と叫び、打率.333、15打点と絶好調だ。

 日ハム時代は長打は多くとも、打率は低かった。来日1年目の2015年は34本、打率.231。ホームラン王に輝いた16年は39本、.263。ここ2年間は32、26本塁打でも、打率は2割3分前後で低迷していた。

「レアードはもともと、『パワーもあるが、三塁守備が抜群にうまい』という触れ込みで日ハムに入団した。昨オフに球団が契約を延長しなかったのは、打撃に加えて、肝心の守備が衰えてきたと判断されたからです。3億円(当時)という年俸もネックになった。ただ、移籍先でもここまで打つとは、日ハムも予想外だったのではないか」(球団OB)

 ロッテとは1年契約で、年俸110万ドル(約1億2300万円)の契約。今の活躍を続けてくれれば安い買い物だろう。

 ちなみに右の大砲不在にあえいでいる阪神のチーム本塁打は、レアード個人のそれより1本多いだけの9本。右打者有利の甲子園を本拠地とする阪神が、「ウチならロッテの倍は払えたのに……」と悔やんだところでもう遅い。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事